日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   店頭マーケティングの実際 

店頭マーケティングの実際

  • 大槻博  
  • 1991年03月発売
  • 定価 本体830円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

店頭情報の収集と、商品計画や広告・品揃えへの即時的反映、セールスマンによるPOP・ショウカードなどの陳列演出、リベート・品切れ防止策など、数十種類の店頭活動について解説。

目次

I 店頭マーケティングとは
 1 環境変化と店頭問題の研究
 2 店頭マーケティングとは
 3 店頭マーケティングの意味

II マス広告 対 店頭マーケティング戦略
 1 雲散霧消した十億円
 2 現実に見られる社会現象
 3 大きな問題点
 4 消費者購買行動二次元モデル(リスク・嗜好性モデル)
 5 4P戦略から需要調整戦略へ
 6 4Pに代わる需要調整戦略の登場
 7 商品類型と戦略体系の連結
 8 マス広告の限界
 9 プロモーション予算の適正配分のために

III 店頭情報の収集
 1 店頭情報の種類
 2 店頭情報から分かるもの
 3 店頭マーケティング情報システムの構築
 4 店頭情報の活用
 5 店頭マーケティング情報の種類

IV 店頭から発想する製品開発活動
 1 レッグズ靴下の成功
 2 ミニッツ・メイドのオレンジジュースの成功
 3 店頭で目立つ包装の製品計画
 4 省スペース陳列の製品計画
 5 関連陳列発想の製品計画
 6 新しい商品特性分類による製品計画(店頭データ活用の例)
 7 成熟化社会の製品計画

V 店頭からの情報発信活動
 1 メーカーの消費者向け情報発信
 2 無人推奨販売の技術

VI チャネル確保のための戦略
 1 メーカーにとって理想のチャネルとは
 2 チャネル確保のアイディア
 3 チャネル確保の留意点
 4 全社的な運動としてシステム化する
 5 陳列実行がセールスマンの使命
 6 店頭マーケティング戦略成功の典型例

VII 店頭の取引活動
 1 流通主導権の行方
 2 小売支援システムの考え方
 3 小売支援とメーカー利益の調整
 4 ツール開発は取引の武器
 5 業態による指導原理の違い
 6 市場導入を成功させた店頭プッシュ戦略
 7 本部の決定権と店長決定権
 8 量販契約の考え方と方向性
 9 量販契約の注意事項

VIII 店頭マーケティングと戦略
 1 店頭マーケティング戦略の意義
 2 競争的地位と店頭マーケティング戦略
 3 今後の展望
 4 メーカーおよび大手卸の戦略動向

商品仕様

日経文庫 新書判 並製 189 ページ
ISBN-13 978-4-532-10437-5
発売日 1991年03月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。