日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   経済英語入門<新版> 

経済英語入門<新版>

  • 石塚雅彦  
  • 1992年12月発売
  • 定価 本体860円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

経済活動の場で使われる英語の基本的な用法を初歩から説明した、ビギナーに最適な入門書。お金、消費、労働、会社など身近なテーマから景気、国際経済まで項目分けして解説。

目次

1 経済を何と言う?
   まず「経済」から始めよう / economyの別の意味
   経済「学」「的な」言葉 / businessとfinance
   businessの広い意味

2 マネー
   お金とマネー
   「稼ぐこと」にかかわる用法 / 「使うこと」に関する用法
   損得と貸し借り / 「きん」と「かね」
   お札と硬貨、通貨単位

3 消費と家計
   人はお金を使って生きている / 形容詞的用法が多い「consumer」
   家計 / 「支払い」いろいろ / 家計の支出項目
   「暮らし」の表現あれこれ

4 労働と職場、サラリー
   laborとwork / 「働き手」にまつわる語
   サラリーマンは和製英語 / 「仕事」のいろいろな言い方
   パートタイム、派遣社員 / 職場 / 地位、肩書、キャリア
   賃金と収入 / 休日・休暇に関する言葉 / 退職・定年
   退職金と年金 / 労働組合

5 起業と経営
   どんな「会社」か理解する / 株式会社は多種多様
   会社の設立と本社の所在地 / 企業の保有と出資
   企業合併・買収 / 子会社 / 資本と株主
   経営と経営スタッフ / 組織・機構のいろいろ
   業績 / 利益と損失 / 財務諸表と経理、決算
   倒産 / 投資 / 在庫

6 生産とメーカー、産業
   自然と人間が作るもの / プロダクションとプロデューサーの意味

   生産性はproductivity / 「メーカー」と言っても通じない
   産業か工業か / 工業化は発展の尺度 / 生産物としてのgoods

7 サービス、流通
   「サービス」の語源 / さまざまなサービス行為
   ハードウエア、ソフトウエア / 流通

8 市場、競争、価格
   マーケットとは / 売り手市場、買い手市場
   市場占有率と競争 / 競争力と独占
   需要と供給の関係 / 価格

9 国と経済―――― 財政、予算、税制
   国の経済を形づくるもの / 財政と予算
   国家予算の黒字と赤字 / 税に関する表現いろいろ
   増税、減税、納税、脱税 / 国の財政指導
   民営化

10 金融、銀行、株式、保険
   金融英語の基礎 / financeの同士・形容詞的用法
   資金と資本 / 「クレジット」の本来の意味
   銀行業務のいろいろ / the Big Bang
   預金と貯金の違い / 借り入れと貸し出し
   代表的な金融機関と中央銀行 / 金利と利率の周辺
   公定歩合 / yieldとreturn / 債務不履行
   株式市場と基本証券用語 / 企業の上場と株の取引
   株価の上下は皆の関心事 / 保険
   保険の」種類

11 マクロ経済、景気
   経済の大枠をつかむ / GNPと国民所得
   景気の良し悪しをどう言うか / 好況、不況を表現する
   景気回復と経済成長 / インフレとデフレ
   バブル / 経済のさまざまな指標
   その他の重要な言い回し

12 国際経済
   インターナショナルとグローバル / 貿易は国際経済の中心
   輸出と輸入 / 国際収支 / 収支のいろいろ
   外貨と国際通貨レート / 介入、買い支え / 投機
   通貨危機 / 国際金融 / 国際金融市場とは
   国際金融機関 / 自由貿易と多角的交渉
   G―7とサミット / 多国籍企業 / 海外直接投資と海外援助

13 情報、コンピューター
   新しいキーワードIT / e-businessは花盛り

14 環境問題
   civilizationとしてのenvironment / 公害 、汚染、ゴミ
   地球温暖化 / 国際的な環境対策

英語索引
和文索引

商品仕様

日経文庫 新書判 並製 240 ページ
ISBN-13 978-4-532-10466-5
発売日 1992年12月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。