日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   証券投資理論入門 

商品の説明

ポートフォリオの組み方、信用リスクの分析、デリバティブの評価――。顧客に適切なアドバイスをするには、証券投資理論の基礎知識が金融マンには欠かせない。証券投資理論の考え方をコンパクトかつ平易に解説。

目次

プロローグ 本書で学ぶこと

I 証券投資理論の基礎

   1 割引率と現在価値
   2 複数期間にわたりキャッシュフローがある場合
   3 永久にキャッシュフローが続く場合
   4 配当割引モデル
   5 証券のリターンとリスク
   6 投資家のリスク選好

II 最適なポートフォリオの選択

   1 ポートフォリオとは何か
   2 ポートフォリオの投資機会
   3 ポートフォリオの期待リターンとリスク
   4 最適ポートフォリオの決定

III 主体の最適ポートフォリオから市場の均衡価格へ

   1 市場の均衡価格を導くための仮定
   2 資本市場線とリスクの市場価格
   3 CAPMの導出と証券市場線
   4 CAPMの使い方
   5 CAPM利用上の問題
   6 マーケットモデル

IV より現実的な価格決定モデルへ

   1 CAPMの検証と改良
   2 アノマリー:説明できない謎
   3 CAPMの妥当性と市場の効率性
   4 ファクターモデル
   5 APT:マルチファクターモデルから出発
   6 APTの活用方法

V 債権の評価

   1 債権の種類
   2 債券価格と利回り
   3 様々な利回り概念
   4 スポットレートの推計方法
   5 金利の期間構造理論

VI 信用リスクのある債権の評価

   1 社債等の評価
   2 格付け
   3 信用リスクの直接的な評価

VII デリバティブの評価

   1 デリバティブとは何か
   2 先渡と先物
   3 オプション:選択権の売買
   4 スワップ:キャッシュフローの交換
   5 先渡・先物の評価

VIII オプションの評価

   1 オプションプレミアムの決定要因
   2 コールプレミアムとプットプレミアムの関係
   3 2項課程モデル
   4 ブラックショールズモデル:オプションプレミアムの計算
   5 エキゾチックオプション
   6 クレジットデリバティブ

IX 新しいファイナンス理論

   1 マーケットマイクロストラクチャー:市場構造の影響を探る
   2 行動ファイナンス

エピローグ より理解を深めたい読者のために

索引

商品仕様

日経文庫 新書判 並製 206 ページ
ISBN-13 978-4-532-10824-3
発売日 2000年09月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。