日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   日本の年金 

商品の説明

「払い損」はないのか――。少子高齢社会を前に、不安を呼ぶ年金財政。危機の本質は何か、どんな改革が求められるか。気鋭の若手研究者が、新制度に則して、年金の基本的仕組みと将来像を分かりやすく解説する決定版。

目次

はじめに

序 高まる年金不信

[I] 年金とはどんなものか
 1 公的年金の役割と特徴
 2 どうして公的年金がつくられたのか
 3 年金にはどんな種類があるか
 4 どのような人がどの年金に加入しているのか
 5 公的年金の給付の種類
 6 企業年金の仕組み

[II] 日本の年金の現状と問題点
 1 日本の年金の現状
 2 年金受給者は増え、保険料を払う人は減る
 3 経済の低成長、低金利と年金財政の悪化
 4 世代間の利害対立
 5 女性の年金

[III] 年金改革にはどんな選択肢があるのか
 1 保険料率の引き上げ
 2 年金給付の抑制策にはどのようなものがあるか
 3 年金の財源として、保険料以外にどのようなものが考えられるか
 4 人口変動の影響を受けない積立方式の年金の活用
 5 年金で育児を支援

[IV] これからの年金改革の視点
 1 年金不信の解消に向けて
 2 社会保障の総合的な改革
 3 個人の行動に対して中立的な年金
 4 年金政策と経済政策を連携させる
 5 年金で少子化対策を進める

[V] 付録

商品仕様

日経文庫 新書判 並製 192 ページ
ISBN-13 978-4-532-11051-2
発売日 2005年02月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。