日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   株式市場を読み解く 

株式市場を読み解く
―大買収時代の備えと憂え―

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

ニッポン放送株をめぐる争いは株式市場の課題を浮き彫りにした。取引所のルール、外国人投資家の影響力など、個人投資家が知っておきたい歪んだ実態を、ベテラン編集委員がニュース・トピックからかみ砕いて解説。

目次

[I] 「ライブドアのニッポン放送株取得」を読み解く
 1 ライブドアが鳴らした号砲
 2 買い集め方法に賛否両論
 3 新株予約権発行で逆転狙う
 4 法廷闘争、フジテレビ側の敗因
 5 登場したホワイトナイト

[II] 大買収時代の足音が聞こえる
 1 高まるマインド
 2 敵対的買収と防衛策
 3 敵対的買収はどう進むか米国に見る
 4 望ましい買収防衛策のあり方は
 5 会社法が変える株式市場

[III] 「西武鉄道、上場廃止」を読み解く
 1 虚偽記載で上場廃止
 2 有価証券報告書制度の何が問題か
 3 西武鉄道が問う上場の意味
 4 インデックス運用の功罪も問われる
 5 上場廃止を前提とした市場制度も必要

[IV] 振り回される個人株主
 1 あいまいになった少数株主の権利
 2 東京証券取引所、規制見直しにようやく動く

[V] これからの株式市場のあり方
 1 株価が上がらない理由
 2 M&Aで企業は成長エンジンに復帰
 3 政策の優先課題を点検する

ミニ解説
大株主の変化から見るニッポン放送/レブロン基準とユノカル基準/株主に判断させることへの違和感/株式の上場廃止でメリットを受ける投資家も

商品仕様

日経文庫 新書判 並製 188 ページ
ISBN-13 978-4-532-11064-2
発売日 2005年05月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。