日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   「万葉の旅」大和うるわし 

「万葉の旅」大和うるわし

  • 平山郁夫  
  • 1996年05月発売
  • 定価 本体38,835円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

おすすめポイント

◆珠玉の八葉に万葉の歌を添えて―「青丹よし奈良の都は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり」と万葉集に詠われた大和の国。奈良山、大和三山、明日香風景など、平山画伯が描いた万葉集ゆかりの八景を、大型カラー図版に収録。
◆平山画伯揮毫の万葉秀歌八首―柿本人麿、大伴家持ら万葉歌人の秀歌八首を併せて収録。絵に一層の趣を添えます。
◆本画さながらの精巧なカラー印刷―作品はすべて本制作を本に高度な印刷技術で大型カラー図版に再現。
◆特製額が付いて―図版、万葉秀歌ともに額装して、お部屋のインテリアとしてお楽しみいただけます。

目次

■飛鳥の春(1974年)
三輪山を 然も隠すか 雲だにも 心あらなも 隠そうべしや(額田王)

■白毫寺(1969年)
石激る 垂水の上の さ蕨の 萌え出づる春に なりにけるかも(志貴皇子)

■奈良 佐保路の池(1970年)
うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり 心かなしも 独りし思えば(大伴家持)

■高燿る藤原京の大殿(1969年)
青丹よし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがことく 今盛りなり(小野老)

■飛鳥の群山(1976年)
采女の 袖吹きかへす 明日香風 都を遠み いたづらに吹く(志貴皇子)

■飛鳥川(1969年)
明日香川 瀬瀬の珠藻の うち靡き 情は妹に 寄りにけるかも(作者不詳)

■山辺の道(1969年)
石上 布留の神杉 神さびし 恋をもわれは 更にするかも(柿本人麿)

■水上の池(1969年)
君が行き 日長くなりぬ 山たづね 迎へか行かむ 待ちにか待たむ(磐姫皇后) 

商品仕様

書籍 B3判 豪華額装本 特製額付き   ページ
ISBN-13 978-4-532-12275-1
発売日 1996年05月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。