日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   「価格革命」のマクロ経済学 

「価格革命」のマクロ経済学
―流通構造変革の実証分析―

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

流通から日本経済が変わる! 流通業の変革に始まった「価格革命」は、大きなうねりとなって経済システムそのものを変えようとしている。日本経済の構造変化をとらえた本格的実証分析。

目次

第1章 流通構造変革と日本経済
  1 揺れる「暗黒大陸」と「価格革命」
  2 新しいアプローチの必要性
  3 日本の「流通」問題
  4 本書の構成

 第I部 「価格革命」の背景

第2章 買い手から見た日本の流通
  1 買い手から見た流通業
  2 流通費用と流通マージン率
  3 産業連関表の利用とその問題点
  4 購入者別流通マージン率の変化一日米比較
 補論 産業連関表における商業マージン額の推計

第3章 流通の高コスト構造
  1 流通サービスの高価格化の要因
  2 商業マージン率上昇の要因一生産性格差
  3 日本の商業の「重二重構造」と規制・税制
 補論 商業コスト構造データの日米比較

第4章 「関係の綱」と製造業
  1 製造業の現在
  2 製造業の高コスト構造
  3 「関係の綱」としての流通と製造業
 補論 製造業の企業規模別労働分配率

 第II部 「価格革命」の将来

第5章 日本の消費者と価格の三層構造
  1 「価格破壊」の今
  2 日本の消費者
  3 価格の三層構造一商品の価格を「支えるもの」
  4 地価決定との類似性
  5 「価格革命」一価格破壊と土地神話の終焉
 補論 地価データ

第6章 日本の競争形態と企業活動の再編
  1 日本の消費者と日本の競争
  2 差別化の論理
  3 日本の競争形態
  4 不況と企業活動の再編
  5 競争力回復の手段一生産財流通の革新

第7章 流通構造変革とマクロ経済
  1 マクロ経済学と流通
  2 流通における競争の形態とマクロ経済
  3 流通チャネルの産業組織と部門別雇用変動
  4 1990年代後半の日本の流通とマクロ経済
 補論 流通サービス競争マクロモデルのミクロ基礎

終章 流通の将来と新しい政策の基礎
  1 日本の流通の将来
  2 流通一多様化と融合・標準化のダイナミズム
  3 「多様性」の衝撃一経済政策への含意



参考文献

索引 

商品仕様

書籍 四六判 上製 256 ページ
ISBN-13 978-4-532-13130-2
発売日 1996年11月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。