日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   解説 改正銀行法 

解説 改正銀行法
―銀行経営の新しい枠組み―

  • 木下信行  
  • 1999年07月発売
  • 定価 本体2,800円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

ビッグバン時代の金融機関の行動を左右する新銀行法。だが、その詳細はほとんど知られていない。事後監視型行政のポイントはどこにあるのか。業務範囲から持株会社、自己資本比率規制、監督・検査まで具体的に解説。

目次

第1部 総論編
 第1章 銀行法の意義と沿革
 第2章 銀行法改正の背景
 第3章 銀行法改正の骨格

第2部 各論編
 第1章 定義
 第2章 銀行持株会社
 第3章 業務範囲
 第4章 情報提供義務
 第5章 弊害防止措置
 第6章 ディスクロージャー
 第7章 大口信用供与等規制
 第8章 自己資本比率規制
 第9章 監督
 第10章 その他

商品仕様

書籍 四六判 上製カバー巻 396 ページ
ISBN-13 978-4-532-13174-6
発売日 1999年07月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。