日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   教育改革の経済学 

商品の説明

ゆとり教育、学力低下、国立大学の独法化、専門職大学院構想など、教育を巡る議論がいま熱い。本書は教育が個人の就業行動、キャリア形成、法曹・医療などの分野でどう影響するか、その経済効果を検証する注目の書。

目次

第1章 学力低下の実態――澤田利夫
 1 文部科学省の学力調査の結果
 2 国際調査の結果
 3 調査結果から学ぶこと

第2章 「ゆとり教育」を経済学で評価する――西村和雄
 1 指導要領変更前後での学力の変化
 2 競争心と「やる気」がどんどん失われる

第3章 基礎科目学習の所得形成への影響――西村和雄、平田純一、八木匡、浦坂純子
 1 はじめに
 2 得意科目・不得意科目
 3 役立った科目・役立たなかった科目
 4 将来世代に勉強してほしい科目
 5 基礎科目学習と所得形成
 6 おわりに

第4章 教育の経済理論――小佐野広
 1 はじめに
 2 教育の経済理論
 3 文部科学省の政策に対する評価
 4 「ゆとり教育」の評価

第5章 日本の高等教育改革――伊藤隆敏
 1 わが国の高等教育の位置づけ
 2 教育改革の失敗
 3 高等教育の国際的な競争
 4 高等教育における公的な役割
 5 アメリカの高等教育における動機づけ
 6 理論モデルによる説明
 7 政策課題
 8 結語

第6章 専門職大学院の経済分析――八代尚宏、伊藤由樹子
 1 はじめに
 2 専門職大学院強化の必要性
 3 法科大学院構想
 4 医師の需給調整政策の評価
 5 おわりに

第7章 若者の就業機会の減少と学力低下問題――太田聰一
 1 はじめに
 2 若年労働市場の現在――需要不足失業の構造
 3 学力低下がもたらすもの――需要と供給の相互依存
 4 データによる検証
 5 おわりに

第8章 個人のキャリア支援とリカレント教育――樋口美雄、川出真清
 1 リカレント教育に対する関心の高まり
 2 リカレント教育を求める社会的背景とその実態
 3 資金面での支援
 4 情報面での支援:教育訓練給付制度見直しが意味するもの
 5 時間面での支援
 6 むすびに代えて

商品仕様

書籍 A5判 上製 239 ページ
ISBN-13 978-4-532-13257-6
発売日 2003年07月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。