日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   知的財産の証券化 

商品の説明

企業の資金調達の切り札として注目を集めている特許、ブランド、著作権といった知的財産の証券化がいよいよ本格化する。本書は、価値評価や全体のスキームから法務、税務まで証券化の具体的手法と課題を解説する。

目次

まえがき

第1章 知的財産の証券化
 1 知的財産戦略と知的財産の活用
 2 知的財産の価値評価と流動化
 3 知的財産ビジネス・スキームの類型化と価値評価モデル
 4 知的財産証券化の法的スキーム
 5 知的財産証券化の課題

第2章 ブランドの証券化
 1 ブランドの意義と証券化の目的
 2 ブランドの証券化の仕組み
 3 投資者保護
 4 ブランドの価値評価
 5 オリジネーターの会計問題
 6 ブランドの証券化に向けて

第3章 特許権の証券化
 1 特許権と企業経営
 2 証券化スキームの一例
 3 ピンチェンジモデルにおける特許評価手法
 4 ピンチェンジモデルの評価と課題
 5 米国における特許の証券化事例

第4章 著作権の証券化
 1 著作権の証券化の意義と目的
 2 著作権の証券化における法的問題とその解決のスキーム
 3 著作権証券化の事例
 4 著作権の証券化のための価値評価

第5章 知的財産の証券化の法的スキーム
 1 証券化の法的スキーム
 2 信託法による証券化
 3 委託者
 4 受託者
 5 受益者
 6 資産流動化法による証券化
 7 証券化の問題点
 8 証券取引法
 まとめ

第6章 知的財産の証券化とリーガル・オピニオン
 1 リーガル・オピニオンの意義
 2 リーガル・オピニオンの必要性
 3 リーガル・オピニオンの対象
 4 知的財産の証券化に伴う課題

第7章 知的財産の証券化に伴う実務上の課題
 1 知的財産ファイナンスと証券化
 2 知的財産証券化の課題
 3 知的財産証券化スキームをめぐる実務上の課題
 4 知的財産の証券化に伴う実務上の展望

第8章 知的財産の証券化と税務
 1 証券化スキームに対する税務の概要
 2 特定目的会社を利用した知的財産の証券化と税務
 3 投資法人を利用した知的財産の証券化と税務
 4 民法上の任意組合を利用した知的財産の証券化と税務
 5 匿名組合を利用した知的財産の証券化と税務
 6 中小企業等投資事業有限責任組合を利用した知的財産の証券化と税務
 7 信託を利用した知的財産の証券化と税務
 8 知的財産の証券化をめぐる税務上の課題

 第9章 知的財産の証券化とディスクロージャー
 1 知的財産の開示充実の必要性
 2 知的財産を利用した資金調達の類型化と必要な情報
 3 企業情報としての知的財産の情報開示
 4 知的財産の証券化における情報開示
 5 知的財産の流通市場の育成問題

引用文献および参考文献

商品仕様

書籍 A5判 並製 307 ページ
ISBN-13 978-4-532-13262-0
発売日 2003年10月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。