日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   人民元と中国経済 

商品の説明

中国経済が驚異的成長を持続できるのは人民元レートが不当に安く留め置かれているため――この批判は正しいか? 経済を牽引する原動力は何か? 詳細なデータ解析と理論的検証により巨象の実態を明らかにする力作。

目次

第1章 人民元をめぐる論点
 1 中国経済の現状
 2 拡大する2極分化現象
 3 2極分化、8つの論点

第2章 貿易構造と人民元切り上げ
 1 拡大する加工貿易
 2 無制限に存在する余剰労働力
 3 過熱する外資系企業の優遇政策
 4 人民元切り上げが中国の貿易構造に及ぼす効果
 補論1 中国の対米輸出関数の計測
 補論2 中国の対日輸入関数の計測

第3章 人民元は本当に過小評価されているのか
 1 国際収支、為替介入および中国の動向
 2 アセット・アプローチと適正レート
 3 貯蓄・投資(マクロ経済)バランスと適正レート
 4 購買力平価説と適正レート
 5 ファンダメンタルズ・アプローチと適正レート
 補論3 実質為替レートと非貿易財価格

第4章 インフレ抑制策としての人民元切り上げ 
 1 中国はデフレなのかインフレなのか
 2 なぜデフレが起きているのか
 3 インフレの構造的要因(1)政府の需要拡大政策
 4 インフレの構造的要因(2)銀行融資の増加
 5 インフレの構造的要因(3)預金の増大
 6 インフレの構造的要因(4)金利規制がもたらす歪み
 7 インフレの構造的要因(5)不胎化政策の限界
 8 切り上げ論の妥当性

第5章 国際通貨システムと人民元
 1 短・中期的に望ましい為替制度とは
 2 変動相場制への転換のタイミング
 3 長期的に望ましい為替制度
 4 人民元は国際通貨となれるのか

第6章 中国経済の課題と政策対応
 1 顕在化する政策間の矛盾
 2 中国が採るべき短・中期政策と長期政策
 3 国際資本移動の自由化と経済危機

参考文献

商品仕様

書籍 四六判 上製 328 ページ
ISBN-13 978-4-532-13287-3
発売日 2004年10月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。