日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   規制改革の経済分析 

規制改革の経済分析
―電力自由化のケース・スタディ―

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

様々な改革が実行されてきた日本の電力自由化。しかしその成果の検証はなされておらず。公益事業改革のモデルとできるかあいまいな状況だ。本書はどのような制度設計が望ましいかを明らかにする自由化総決算の書。

目次

第1章 電力自由化はいかなる効果をもったか―1990年代から現在までの定量的政策評価―(戒能一成)

第2章 送電料金改革の効果分析―パンケーキ方式から郵便切手方式へ―(細江宣裕・秋山修一)

第3章 電力市場における市場支配力のシミュレーション分析(田中誠)

第4章 小売市場の制度設計―需要家への直接的な価格シグナル提供のメカニズム―(熊谷礼子)

第5章 混雑料金のもとでの送電投資(松川勇)

第6章 現状の送電網はいかに形成されてきたか―発電所と送電網の空間経済分析―(戒能一成)

終章 安定供給のための電力制度改革(八田達夫)

商品仕様

書籍 A5判 上製 288 ページ
ISBN-13 978-4-532-13339-9
発売日 2007年10月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。