日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   商品開発力をつける 

知のノウハウ 商品開発力をつける

  • 岩間仁  
  • 1997年10月発売
  • 定価 本体1,300円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

目次

1章 商品開発力が企業の死命を制する
1 商品開発力とは一強い商品・ヒット商品を生み出し続ける力
2 製品と商品は違う一単なる製品づくりからはヒット商品は生まれない
3 商品開発における悩みと不満一なぜヒット商品を生み出せないのか
4 ヒット商品の条件一「したいができない」をできる」ようにする
5 商品開発の流れ・構造の全体像をつかむ
6 商品開発に必要な能力と、ヒット商品を生み出すポイント
7 商品開発の流れ・構造の全体像をつかむ
8 戦略なくしてヒット商品なし
9 マーケティング・マインドとイノベーション・マインドをもつ
10 ヒット商品を分析し、その成功要因から学ぶ
[ヒット商品事例1]ソニー「ウォークマン」・「ハンディカム」

2章 顧客・市場理解力をつけ、顧客の心をつかむ
1 顧客満足度の成り立ちを知り、最高の顧客満足度を追及する
2 消費者心理から知る商品選びのこころ
3 ニーズの三層構造と顕在ニーズ・潜在ニーズ
[ヒット商品事例2]花王「アタック」・「バブ」

3章 ニーズ探索力をつけ、潜在ニーズを掘り起こす
1 顕在ニーズと潜在ニーズの探索
2 アクティブ・リスニング法を使いこなし、真のニーズを深掘りする
3 前線志向により市場の流れ・変化をとらえる
4 洞察力により未来を見通し、事業の本質を見抜く
5 生活や事業の不満とベネフィット(効用)を追求する
6 ニーズ対応型の商品開発とニーズ創造型の商品開発
「ヒット商品事例3]日立製作所「からまん棒」「静御前」「野菜中心蔵」

4章 シーズ開発力をつけ、革新的商品を生み出す
1 モノづくりのパラダイム・チェンジ一HOWからWHATへ
2 ニーズ・プルで商品を改良し、シーズ・プッシュで革新する
3 コア技術・キーデバイスを押さえる
4 研究所から画期的な商品を引き出す
5 技術者は自らのマーケティング活動をベースに商品提案をする
[ヒット商品事例4]東芝ポータブル・パソコン

5章 商品コンセプト力をつけ、独自のニーズを創造する
1 コンセプチュアル・スキルをつける
2 まず夢とロマンのあるビジョンを描く
3 商品コンセプトとは
4 商品コンセプト創造の七ステップ
5 コンセプト評価の落とし穴と、それを乗り越えるポイント
6 狙うべき有望市場・商品テーマ・アイディアの着眼点
7 コラボレーションがヒット商品への新たな知識を生み出す
8 意思先行で戦略を策定し、行動先行により実践する
[ヒット商品事例5]富士写真フィルム「写ルンです」

6章 商品企画力をつけ、強い商品・勝てる商品目標を設定する
1 売れる商品は商品企画で80%決まる
2 押さえるべき商品企画事項
3 高い目標設定が勝負を決める
4 競合他社に先行し、悪魔のサイクルに入り込まない
5 セールスポイントで明快に差異化する
6 価格・コストはチャレンジしなければならない
7 デザイン主導の商品開発と、心に響く音相ネーミング
8 スピードで差をつけるコンカレント商品開発
9 売りやすく儲かる商品に仕立てる
10 二の矢、三の矢商品でブランドを定着させる
[ヒット商品事例6]シャープ「液晶ビューカム」

7章 商品開発者の心得・行動指針八ヵ条

商品仕様

書籍 四六判 並製カバー巻 226 ページ
ISBN-13 978-4-532-14538-5
発売日 1997年10月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。