日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   物理はこんなに面白い 

物理はこんなに面白い

  • 原康夫  
  • 1999年09月発売
  • 定価 本体1,400円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

理科離れや学力低下が大問題に。物理は最も基本で重要なもの。だが面白くない、難しいとの声に応えて、斯界の第一人者が、全くこれまでにない入門書を完成。基礎から応用まで楽しく読めて物理的な見方が身につく本。

目次

まえがき

1章 エネルギーとは何だろう
 エネルギーにはいろいろなタイプがある/エネルギーはどのように運ばれるか/エネルギーは変化しても、総量は変わらない/エネルギーを熱に換算すると/人間は1日にどれくらい」仕事ができるか

2章 熱を仕事に変える
 熱を加えると、なぜ温度が上がるのか/太陽や宇宙の温度を測るには/太陽エネルギーは莫大な核エネルギー/日本は太陽エネルギーがどれくらい必要か/「永久機関」は存在するか/ 熱機関の効率を上げるには/冷暖房機のしくみ

3章 自動車を通して学ぶ力学
 ニュートンの運動の3法則/加速度があるとはどういうことか/国際的な単位と記号のつけ方/物体に作用する地球の重力/摩擦力と物体が動くこととの関係/道路が押さないと車は動かない/摩擦力が仕事をしたとき、速さが変わる/ガソリンの消費量とエンジンのパワー/自動車の加速性能はどこまでよくできるか/急ブレーキをかけるときの空走時間と制動時間/衝突の衝撃は衝突時間に逆比例する

4章 宙返りだれでもできる無重力
 身体を支える力が作用しない無重力状態/ニュートンが予想した人工衛星/万有引力の法則から地球の質量を測る/地上も天上も運動の法則は同じ/惑星、衛星の運動とケプラーの法則/角運動量保存の法則で地球の周期は一定/遠心力が働いて無重力状態に/動くものの方向をずらすコリオリの力とは

5章 電気の正体
 摩擦電気はなぜ発生するか/帯電物体を近づけると静電誘導が起こる/電荷によってできる電場が、電気力を伝える/導体ではどんな電場ができるか/電流は電場によって伝わる/コンデンサーは電場のエネルギーの容器

6章 電場と磁場との密接な関係
 磁石は磁場をつくっている/電流も磁場をつくる/磁気力によってモーターが回る/なぜ発電機で電流が発生するか――――電磁誘導/スイッチを切っても、電流はすぐにはゼロにならない/効率的な亜送電と変圧器の役割/電場と磁場に関するマックスウェル方程式

7章 光は波か粒子か
 光は波で、しかも横波である/光は電磁波である/光は波でもあり、粒子でもある――――光の2重性

8章 ミクロな世界の物理――――量子力学
 物質の基本的な構成粒子の電子/電子も波と粒子の性質をもつ――――電子の2重性/電子の位置と速度は正確にはわからない/原子はそれぞれ特有の光を放つ/元素の性質と電子数との関係/半導体とは何だろう/ダイオードやトランジスタなどへの応用

9章 相対性理論早わかり
 光の速さはつねに一定/動いている時計は遅れ、動いている棒は縮む/質量はエネルギーの一形態である

商品仕様

書籍 四六判 並製カバー巻 220 ページ
ISBN-13 978-4-532-14777-8
発売日 1999年09月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。