日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   自治体破産 

自治体破産
―関西で何が起きているのか―

  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

地方自治体の財政破綻が現実味を帯びてきた。大阪府を中心とした近畿の自治体を材料に、第三セクターなど隠れた債務も含め財政の実態を解明。公共事業のリストラ、人件費抑制策など始まった取り組みの実態に迫る。

目次

プロローグ 危機脱出まで道はるか 大阪府財政

第1章 苦闘する関西自治体
1.財政再建団体へ転落の危機
2.政府の景気対策が地方を苦しめる
3.聖域の人件費にもメス
4.バブル期事業いまだ清算できず
5.富裕都市、震災後の苦闘
6.「痛み」も覚悟で町村合併へ
7.自治体に企業会計手法

第2章 大阪府・見えない再生シナリオ
1.景気浮揚策に余力なし
2. 止まらない大型事業
3.市町村にサービス格差
4.柔軟さ失う予算編成
5.大阪府の財政再建プログラム
6.財政再建プログラムは機能するか
7.ノック財政二期目の課題
8.ノック知事を支える面々

第3章 隠れ債務抱える外郭団体
1.自治体経営を蝕む土地開発公社
2.大阪市の第三セクターの「赤字御三家」
3.成功のもとは自治体経営からの切り離し
4.揺らぐ「神戸株式会社」
5.関西電力株売りの誘惑
6.京都市バスが消える?

第4章 自治体を見離す金融機関
1.急増する短期借り入れ
2.甘い事業計画を拒む銀行、生保
3.地方債の繰り上げ償還要請に反発
4.地方債にも市場ルールの波

第5章 民間活力で再生は可能か
1.行政サービスを肩代わり---質落とさずにコストを減らす
2.ゴミ事業民営化で3割コストダウン
3.PFIビジネス参入狙う有力企業
4.選挙事務もアウトソーシング
5.給食・介護は巨大ビジネスに
6.関西国際空港対岸の開発に新しい芽

第6章 明暗分ける財政格付け
1.[総合力]臨海工業地が強みを発揮
2.[経済力]規模の大きさが潜在力生む
3.[財政力]「小さな政府」堅実財政に追い風
4.[借り入れ力]都市基盤整備が重荷に

付録 座談会 険しい再建への道

商品仕様

書籍 四六判 並製カバー巻 189 ページ
ISBN-13 978-4-532-14786-0
発売日 1999年11月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。