日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   金融迷走の10年 

金融迷走の10年
―危機はなぜ防げなかったのか―

  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

90年代日本を揺るがした金融混迷。当局の弥縫策が二信組・住専問題からつまづき破綻する過程、三洋証券のデフォルトから金融システム危機が加速し金融安定法施行に至るまでをドキュメンタリータッチで克明に追う。

目次

第1章 無視された予兆(1990〜91年)

   四社社長会で起きた“さざ波”
   損失補てんの複雑ないきさつ
   稲川会との不透明な取引の謎
   企業と証券界のもたれあい
   不気味な融資先
   住友銀史上、最悪の一年
   イトマン事件の呪縛
   崩れた銀行への信頼―――架空預金証書事件
   興銀への「恩返し」
   ファントラ問題は先送りに
   業際規制の抜け穴「救済買収条項」
   先送り政策の始まり

第2章 無責任の連鎖(1992〜96年)

   「書生論」といわれた日銀の住専処理策
   住専処理「二・二六事件」
   大蔵省と農水省の密約
   容認されなかった有税引き当て
   公的資金投入への布石
   大和銀ニューヨーク支店事件
   発せられなかった「合併」という言葉
   狂い始めた住専処理
   篠沢次官辞任のタイミング
   責任追及の嵐
   “銀行たたき”の始まり
   公的資金投入の“苦い体験”
     資料A 覚書
     資料B 金融システムの機能回復について
     資料C 住専処理の具体的な処理方策について

第3章 封印されたペイオフ(1994〜95年)

   木津信組の偽造債権事件
   二信組問題で東京共同銀行設立へ
   前代未聞の大蔵スキャンダル
   遅れる二信組処理
   破たんの連鎖
   暴かれた「紹介預金」の存在
     資料D 現下の金融システム問題への対応について

第4章 行政も破たんした(1996〜97年)

   「ペイオフ解禁越え」を見越した危機
   資金運用部による日債銀債購入計画
   奈落へ
   決算承認制度を廃止した意味
   「格下げ」ショック
   難題続きの「日債銀救済作戦」
   消えぬ市場の疑念
   日債銀の「三本の矢」
   命取りとなった大蔵省検査
   国際証券による三洋証券救済合併計画
   「引き金」は十億円

第5章 恐慌前夜(1997〜98年)

   拓銀最後の取締役会
   市場が拓銀を見離した
   山一自主廃業へ
   簿外債務を黙認した「仲良しクラブ」
   最後通告
   大蔵省はどこまで「飛ばし」を知っていたのか
   徳陽シティ破たん報道の波紋
   戦後最大の金融システム危機
   金融当局に司直のメス
   長銀処理の選択
   長銀・住信合併交渉の舞台裏
   杉浦体制の「負の遺産」
   イ・アイ・イとの蜜月
   SBCとの不平等条約

第6章 再編ラッシュ(1999年〜)

   「みずほ」誕生
   「三井住友」――――三時間で消えた財閥という壁
   三行統合を機にトップ会談
   一ヵ月の「スピード合意」――――七回の秘密協議
   報道後の最終合意
   三和・東海・あさひ連合の成立とあさひ離脱
   「三菱東京フィナンシャル・グループ」合意へ

1985〜2000年の経済年表

商品仕様

書籍 四六判 並製 245 ページ
ISBN-13 978-4-532-14850-8
発売日 2000年08月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。