日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   超・入りやすい店売れる店 

超・入りやすい店売れる店
―図解・「客の道」がある店に客が集まる―

  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

ベストセラー&ロングセラーの第3弾。繁盛店を「人の動き」から観察すると、大勢の人を集め、客と店員のアクションを解放する「客の道」があることがわかった。売れる店の構造を、3Dイラストで詳細に分析する。

目次

まえがき

第1章 「客の道」がある店に客が集まる

  1.客にはしたいアクションがある
     1.人がしたいアクションとしたくないアクション
     2.人はアクションを解放する場所を求めている
     3.なぜ店は客のアクションを解放するのか
  2.「客の道」を生み出す店の構造とアクション
     1.「客の道」「店の道」
     2.「道」を左右する店の構造
     3.構造別、店員と客のアクション

第2章 繁盛店の「客の道」と客のアクション

  1.「道」に出てきた「接触型店」
     1.「道」につくった喫茶店
     2.通りすがりの人も冷やかせる高級宝飾店
     3.セルフサービスを打ち出した接触型店
     4.商品空間が生み出した「客の道」
  2.「道」を取り入れた「引き込み型店」
     1.セルフサービスのファストフード店
     2.ガソリン、洗車、コーヒーがセルフサービスの店
     3.商品が動いて「道」をつくる店
  3.店内に「道」をつくった「引き込み・回遊型店」
     1.広いスペースを提供した店
     2.すべての商品にテスターを用意した化粧品店
     3.自由に触って乗れる自動車ショールーム
     4.店内の「客の道」が通行客を引きつける
     5.現代の境界になった図書館
     6.閉店セールで生まれた「客の道」
  4.「道」を引き込んだ「接触・引き込み・回遊型店」
     1.迷路が客を引きつける店
     2.低価格商品が客のアクションを変えた店
     3.店と「道」の境界をなくした店
     4.百貨店では珍しい接触・引き込み・回遊型の洋菓子店

第3章 ストリートショップの時代

  1.商店街からストリートショップへ
     1.常連接客中心の時代
     2.一見接客中心の時代
  2.ストリートショップが生まれる条件
     1.ストリートショップの店の構造
     2.ストリートショップのアクション設計
  3.ストリートショップにおける顧客満足
     1.匿名性の提供
     2.クレームへの対応システム

資料 十三種類の「動きの癖」

あとがき

商品仕様

書籍 四六判 並製 202 ページ
ISBN-13 978-4-532-14862-1
発売日 2000年10月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。