日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   技術者のための特許知識と活用の実際 

技術者のための特許知識と活用の実際

  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

日本経済を支えるのは技術者だ!――特許制度の基礎知識から、技術開発における特許戦略のあり方、技術者個人の権利・義務まで、技術者を元気にする特許の基本知識と活用法を、第一線の実務家が具体的に解説する。

目次

 はしがき
 第I章 技術者と特許制度
   1 技術者にとって特許とは

   2 なぜ特許権が独占権として認められるのか

   3 特許制度の目的は、活かされているか
   ――技術者は特許制度を十分に活用しているか


 第II章 技術者が特許制度を活用するためには

   1 技術者が特許を知っておく必要性

   2 技術者が特許制度を活かすには、どのようなことをしなければ

     ならないか


 第III章 他者から新技術(特許情報)の開示を受ける立場の技術者として

     やるべきこと

   1 他者特許の調査はどのようにするのか

   2 他の公知文献の調査

   3 自社技術が他者特許に抵触するかどうかの検討

   4 他者特許の有効性を争う

   5 他人の特許を無償で使える場合

   6 他者特許の残り期間があまりない場合

   7 他者特許を侵害すると

   8 特許権侵害について技術者が誤りやすいこと

   9 他者特許技術の開示を受ける立場の技術者(一般公衆としての技

     術者)のやるべきこと ――まとめ



 第IV章 開発した新技術を特許出願する立場の技術者(発明者)として

     やるべきこと

   1 どのような技術を開発しなければならないか

   2 特許を取れる技術とは

   3 技術者が技術開発するに当たって知っておくべき事項

   4 開発された新技術を特許出願する場合に技術者として注意すべき

     点

   5 特許出願について技術者が誤解していること

   6 開発した新技術を特許出願する立場の技術者(発明者)としてやる

     べきこと ――まとめ



 付録


 付録1 特許出願審査フローチャート

 付録2 特許権侵害の具体例

 付録3 技術者と特許担当者との関係

商品仕様

書籍 A5判 並製 165 ページ
ISBN-13 978-4-532-14963-5
発売日 2003年05月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。