日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   何がどうなる ペイオフのすべて 

何がどうなる ペイオフのすべて

  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

4月からペイオフが解禁され、これまでの「預金の全額保護」の仕組がなくなる。自分の預金を守るにはどうすればよいのか? Q&A方式で「こういう場合はどうなる?」という預金者の様々な疑問に、やさしく答える。

目次

まえがき

第I部 Q&A ペイオフのさまざまな疑問

     Q1 払戻保証額はどれだけ?
     Q2 預金保護の方法は?
     Q3 破たん直後に預金は受け取れるの?
     Q4 全額保護は完全になくなる?
     Q5 借入金があったら?
     Q6 預金保護の優先順位は
     Q7 マンションの積立金は?
     Q8 家族への移し替えは?
     Q9 個人事業用預金は?
     Q10 郵便貯金は?
     Q11 町内会や趣味の会は?
     Q12 外貨預金は?
     Q13 自治体の自衛策は?
     Q14 金融機関が破たんした場合の資金決済は?
     Q15 破たん処理に手間取るとどうなるのか?
     Q16 確定拠出年金での預金は?
     Q17 農協への貯金は?
     Q18 一千万円を超す分のカット率は?
     Q19 金融機関をどう選ぶ?
     Q20 預金の払い戻し財源は?

第II部 ペイオフにどう対応するか

 第1章 フィナンシャルプランナーへの相談

     1 商品特性
     2 銀行分散の賢い方法
     3 預金と借入金の相殺
     4 名義の持つ意味と対応

 第2章 ペイオフへの対応 私はこうする

     1 十年で預貯金の一割が投信に
     2 悩むマンション、対策決定一割だけ
     3 独自基準で銀行選別
     4 資金受け入れの好機

 第3章 ペイオフ時代、金融機関が動く

     1 預金者・銀行に緊張感
     2 自衛急ぐ企業
     3 選別圧力が再編を加速

〈巻末資料〉

     (1)危ない金融機関の見分け方
          ----自己資本比率、業務純益ランキング、リスク管理債権率ランキング、銀行長期債格付け一覧
     (2)「東京都におけるペイオフ解禁後の新たな公金管理に向けて」
     (3)[平成13年度版]新しい預金保険制度
     (4)金融機関へのペイオフに関するアンケート調査

商品仕様

書籍 四六判 並製 204 ページ
ISBN-13 978-4-532-14974-1
発売日 2002年03月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。