日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   中国の世紀 日本の戦略 

中国の世紀 日本の戦略
―米中緊密化の狭間で―

  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

台頭する中国に日本が対するには、まず急接近する米中関係を捉えねばならない。貿易、投資、金融など経済関係を中心に農業、エネルギー問題まで日米中の三角関係を分析、取り残される感の強い日本の活路を探る。

目次

序章 米中の狭間で浮標する日本 ----「アジアの日本」で生きる志を

    1 2002年に“第二世代入り”した日米中の三角関係
    2 二国間外交から転換、多国間外交を本格作動する中国
    3 第二次大戦後の検証が解き明かす将来への指針と提言
    4 マンスフィールド米大使の二十一世紀へのメッセージ

第1章 中国の台頭で薄れる日本の存在感

    1 加速する中国のグローバル化
    2 変わる日米中間のカネ、モノ、ヒトの流れ
    3 薄れる日本の存在感
    4 対中国家戦略求められる日本

第2章 制度改革----グローバル化する中国、途上国化する日本

    1 日本は改革のモデルとして不適格か
    2 改革の光と影
    3 変化する中国とその影響

第3章 日米から日中へシフトする貿易摩擦

    1 歴史は繰り返されるのか
    2 日米貿易摩擦から学ぶべき教訓
    3 拡大均衡を目指して

第4章 不安定で収益性も低い日本の対中投資

    1 日米欧企業による対中投資の変化と投資収益比較
    2 激変する中国の市場競争
    3 競争力強化への言

第5章 日本より先を行く中国の産学連携

    1 中国「産学連携」の特徴----日米との比較
    2 「中国のシリコンバレー」中関村
    3 百花繚乱の「産学連携」実態
    4 日本への提言

第6章 WTO加盟で一段と積極化する米国金融機関の対中戦略

    1 中国の金融開国でビジネスチャンスを追求する米国
    2 日米の対中金融ビジネスの取り組み
    3 外国銀行がとりうる対中戦略
    4 未成熟な中国の金融サービス市場での競争
    5 金融のグローバル化を中国はどう見ているか
    6 金融大国へ向かう中国

第7章 中国の台頭と日米中エネルギー関係への影響

    1 中国は国際エネルギー市場の不安定化要因か
    2 エネルギー問題対処のための国際展開および戦略
    3 中国イニシアティブへの米国の関心
    4 国内市場の改革・開放によって拡大する巨大なビジネスチャンス
    5 エネルギーをめぐる日米中トライアングル関係への影響
    6 日本への提言

第8章 中国の対米輸入・対日輸出拡大で揺れる農産物市場

    1 米国の対中農産物輸出増
    2 国際農産物市場への影響
    3 日中農産物貿易の拡大
    4 日米中のトライアングル関係と貿易摩擦
    5 アグリビジネス多国籍企業の展開
    6 日中両国のリーダーシップに期待

第9章 安保面で米中の“従属変数”となった日本

    1 国際的な枠組みの中の日米中関係----経緯と相互関係
    2 中国の日米安全保障条約批判と三国間の課題
    3 中国の国防近代化の進展と日米両国が抱く懸念
    4 日米中関係を規定する安全保障上の要因とその影響
    5 日米中関係の安定化と日本の対応
    6 日米中三国関係の重要性

第10章 米国からの帰国留学生が支える中国新指導グループ

    1 米国留学生への期待高まる中国
    2 中国の留学政策の歴史
    3 米国の「親中」勢力
    4 中日両国の「重米軽亜」の傾向是正

第11章 文化交流でも厚み増す米国

    1 近年の目まぐるしい変化とその背景
    2 米国の影響
    3 日本の影響
    4 中国国内の受け止め方と発展の趨勢
    5 日本への提言

第12章 経済で中国と戦略的に手を結ぶ米国

    1 米国の動機
    2 米国と経済グローバリゼーション----統合への歩み
    3 日米中三国関係の考察

商品仕様

書籍 四六判 上製 332 ページ
ISBN-13 978-4-532-14984-0
発売日 1993年11月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。