日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   儲けはあとからついてくる 

儲けはあとからついてくる
―片岡勝のコミュニティビジネス入門―

  • 片岡勝  
  • 2002年02月発売
  • 定価 本体1,400円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

第三世界ショップに市民バンク、商店街再生、起業支援のファンドなど、「食べていける市民運動」をめざし次々とアイデアを事業化してきた仕掛け人が、自らの経験を語りながら、会社やビジネスのあり方を問い直す。

目次

1章 コミュニティビジネスの夢と志

   コミュニティビジネス=問題解決ビジネスとは
   「市民バンク」の立ち上げ
   金利で稼がない銀行
   主婦の弁当会社が大手弁当チェーンに勝ったわけ
   地域から社会が変わる
   木更津そごうの跡地を市民の手で再生
   若者、女性がイニシアティブ
   できることを持ち寄る
   コミュニティビジネスは50万人の雇用を創出する
   地域経営者を増やそう
   第3世界ショップは「意味」を売る
   新しい市民外交の始まり
   コミュニティビジネスとベンチャー企業の違い

2章 行政ができないことをやる

   市民が参加する地域経営を
   行政がサジを投げた商店街再生に挑戦
   地域に新しい仕組みをつくる
   スマートバレー公社の試み
   イギリスのグランドワークファンデーション
   行政と市民の役割分担見直しを
   チャレンジ若者ファンドの実践
   スキームをまねてもうまくいかない
   行政も「創造性の競争」に参加を
   何よりも使命感

3章 事に仕えれば人は育つ

   人に仕えるより事に仕えよう
   なぜ株式会社なのか
   リスクを取り、持ち寄る
   コミュニティビジネスにおける働き方
   若者はなぜ育つ?
   ノウハウは「自分の頭で考えること」
   オフィス街を飛び出そう
   企業言語に縛られたサラリーマン
   無意志人間の怖さ
   地域の女性たちに学ぼう
   セルフ・リストラクチャリングの方法

4章 もう一つの経済社会をつくる

   持ち寄り地域モデルを目指す
   安価な地域通信「スーパーネット」
   新しい通貨エコマネー
   小規模起業家のためのファンド
   エンジェルネットワーク
   インターン制度を全国に
   教育を変える、大学を変える
   「問題発見学」が必要だ
   ベンチャーは知恵と勇気の教材だ
   若者がしっかりしていく
   起業家を育てるには
   失敗を恐れるな

5章 プロジェクトは終わらない

   複雑系の組織ができつつある
   木更津の行方は?
   山口での学生起業家たち
   企業シティLET’Sのオープン
   地域財オークションの広がり
   市川に「もう一つの市役所」を
   「学生ネットまちづくり会社」
   福岡に「社長体験会社」
   「知恵、汗、リスク」で時代を乗り切る「しあわせ市民バンク」
   第3世界ショップの新たな挑戦

エピローグ

   内閣府主催のタウンミーティングに参加した
   プラスの連鎖が始まる
   「良い子」が「考える人間」に
   成功のイメージ
   これからは「元気に老いる」
   時代の要請に応えればうまくいく

商品仕様

書籍 四六判 並製 218 ページ
ISBN-13 978-4-532-16408-9
発売日 2002年02月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。