日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   わが志は千里に在り 

わが志は千里に在り
―評伝・大来佐武郎―

  • 小野善邦  
  • 2004年03月発売
  • 定価 本体2,800円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

生涯海外出張回数392回――世界との架け橋として文字通り東奔西走した大来の後半生は“日本初のグローバリスト”と呼ぶに相応しい。戦後日本経済を高成長に導いた前半生とともに、元外相・大来佐武郎の志と軌跡を描く。

目次

プロローグ

第1章 生い立ち――終戦まで
大連の日々/府立一中、一高、東大時代/逓信省、昭和塾/興亜院、北京生活/敗戦の予測/日本自活方策研究会

第2章 復興――外務省時代
戦後問題研究会、終戦の翌日スタート/リポート「日本経済再建の基本問題」/大来の果たした役割/吉田首相を囲む会、ブレーンに/吉田首相と決別、辞表提出

第3章 再建――安本時代
多士済々の和田安本/第1回経済白書/日本の進路の分水嶺/安本調査課長/戦後被害調査/資源委員会/ドッジ・ラインと朝鮮動乱/戦後初の海外長期出張/国際派・大来の誕生

第4章 異色――経企庁時代
エカフェ出向、戦後初の国際公務員/輸出促進の大来構想/第1回アジア・アフリカ会議(バンドン会議)/後藤誉之助とその死/新長期経済計画/世界経済視察旅行/成長率論争/論争第二幕/所得倍増計画/経済審議会と木曜会/ゴールデン60’s/3人委員会/総合開発局長/次官にならず退官/民間シンクタンクへ

第5章 飛躍――日経センター時代
民間エコノミストとして自立/国連貿易開発会議(UNCTAD)/先進国の条件/南北問題(ピアソン委員会)/新しい援助の構想/ローマ・クラブと成長の限界/環境と開発に関する世界委員会/世界に広がった舞台/北京再訪/石油危機とアラブ諸国歴訪/海外経済協力基金総裁/八方破れの経済戦略

第6章 国益――外相として
新自由クラブから参院選出馬/落選/新昭和塾、フォーラム80/日米欧委員会/第三セクター的国際コミュニケーション/中国経済近代化の“井戸を掘る”/第二次大平内閣外相就任/イランの米大使館人質事件/多国間外交、新たな展開/大平首相の急死とベネチア・サミット出席/大来外交の成果と評価/政府代表(対外経済関係担当)

第7章 アジア太平洋協力
中国のプラント・キャンセル問題/日中経済知識交流会/太平洋協力マフィアの“ドン”/環太平洋連帯構想/太平洋経済協力会議(PECC)/APEC発足/アジアの中の日本/賢人会議

第8章 グローバリスト・オオキタ
日米貿易摩擦/日本版マーシャル・プラン/「われら共有の未来」/持続可能な開発/地球サミット/世界自然保護基金/国際大学学長/国際人の条件/日印調査委員会/アルゼンチンの「オオキタ財団」/家族、ゴルフ/急に訪れた死

エピローグ

あとがき


参考文献
年表
人物索引

商品仕様

書籍 四六判 上製 568 ページ
ISBN-13 978-4-532-16453-9
発売日 2004年03月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。