日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   嫌なことがあったら鉄道に乗ろう 

嫌なことがあったら鉄道に乗ろう
―元気と希望が湧く旅―

  • 野村正樹  
  • 2004年04月発売
  • 定価 本体1,500円 +税
    • 品切・重版未定
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

できるビジネスマンは鉄道で能を磨く。鉄道は心身をリフレッシュし、考えごとをするにも最適で、発想力も豊かにする。鉄道の効用や楽しみ方を具体的な路線をあげて説明し、充実した会社人生のヒントを与える異色作。

目次

序章 鉄道は“大人の旅”の始発駅

1章 嫌なことを忘れたい日は鉄道に乗ろう
    「仕事の失敗を忘れたい」とき
    「スカっと気分転換をしたい」とき
    「まわり道人生に落ち込んだ」とき
    「出世競争でライバルに負けた」とき
    「リストラの恐怖に怯えた」とき
    「心を穏やかにしたい」とき

2章 鉄道で心も体もリフレッシュ
    「マンネリ生活を抜け出したい」とき
    「もっと優雅に時間を過ごしたい」とき
    「非日常の感動に出会いたい」とき
    「ロマンとメルヘンに浸りたい」とき
    「命の洗濯がしたくなった」とき
    「都会の雑踏に疲れた」とき

3章 考えごとをするには鉄道が一番!
    「隠れ家が欲しくなった」とき
    「1人の時間と空間を満喫したい」とき
    「じっくりと思いをめぐらせたい」とき
    「効率・成果主義に疑問を持った」とき
    「歴史の世界に遊びたい」とき
    「想像力をかき立てたい」とき

4章 大人の旅の“小さなぜいたく”
    「自分にごほうびをあげたい」とき
    「うまい食事に出会いたい」とき
    「弱者を応援したくなった」とき
    「リゾート気分を満喫したい」とき
    「趣味に飽きたらなくなった」とき

5章 人生の節目で鉄道に乗って再出発!
    「新しい生活をスタートさせた」とき
    「世代交代の波に不安を感じた」とき
    「中高年からの再就職を考えた」とき
    「定年後の人生を考えた」とき
    「ふるさと再発見をしたい」とき

おわりに――到着にあたって

商品仕様

書籍 四六判 上製 278 ページ
ISBN-13 978-4-532-16461-4
発売日 2004年04月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。