日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   人は「動き」だ! 

人は「動き」だ!
―なりたい自分を演出する40の方法―

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

商品の説明

はっきり伝えたつもりなのに、なぜわかってくれないの? それは言葉でなく身体の動きがまずかったから――。楽しく詳細なアクションイラストを交えながら、ビジネスや人間関係に役立つ自己演出術を教えます。

目次

まえがき

プロローグ
自分の動きが自分を縛っている/意外にシンプルな動きの法則/動き方を変えると、誰でもなりたい自分になれる

第1章 やる気を出したいとき
 01 勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる
 02 呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる
 03 10秒長くやるだけで粘り強く見える

第2章 堂々としたいとき
 04 両手を広げて話すと堂々として見える
 05 姿勢を良くするだけで華やかに見える
 06 元気で明るい人は儲かっている
 07 ゆっくり動くと一目置かれる

第3章 興味や関心を示したいとき
 08 話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる
 09 緊張を保つと関心の強さを表せる
 10 距離をつめると親しみを感じさせる

第4章 怒りをアピールしたいとき
 11 机をたたいてあごをしゃくると怒りを爆発させられる
 12 静かに語っても相手を恐れさせられる
 13 脱力した立ち振る舞いは究極の怒りを感じさせる
 14 中座したり、ぷいと顔をそむけると相手を動揺させられる
 15 態度の急変は相手の不安をかきたてる

第5章 お詫びやお礼がしたいとき
 16 全身を制御したお辞儀は強い反省を伝える
 17 早いお詫びは相手の怒りを鎮める
 18 何度も詫びると相手の溜飲を下げる
 19 きちんとお礼を言わなければ心からの感謝は通じない

第6章 相手を立てたいとき
 20 力を抜いて身体を低くすると相手の立場を上にできる
 21 緊張したまま不動を保つと、礼儀正しく感じられる
 22 後ろに下がるだけで控えめになる
 23 相手を動かさないように自分が動くと下手になる
 24 繰り返し頭を下げる動きは相手を立てる

第7章 やさしく振る舞いたいとき
 25 そっと物を差し出すだけで思いやりが伝わる
 26 相手のミスを責めないといい人だと思われる
 27 相手をよく見る人は親切な人
 28 やさしくうなずく人は親しみやすい

第8章 しっかりとしたいとき
 29 きちんと指をさせば人は必ず動く
 30 手のひらを突き出せばはっきり断れる
 31 力強くうなずくと信頼性が増す
 32 身を乗り出してしゃべると自主性が感じられる
 33 空中をたたくと自信がみなぎる

第9章 好かれたいとき
 34 じっと見て目を伏せるのはヒロインの動き
 35 繰り返す軽快なうなずきは若さを感じさせる
 36 笑顔で見つめる人は声をかけられやすい
 37 力を抜いて触ると打ち解けやすい

第10章 場を盛り上げたいとき
 38 よく動く人は面白い
 39 オーバーな動きが人を笑わせる
 40 転ぶ・倒れるが笑いの基本

資料
うなずき1つで、見抜ける本心/指のさし方でわかる信頼度/座り方でわかる実行力 /13種類の動きを操ればどんな人にでもなれる

あとがき

商品仕様

書籍 四六判 並製 202 ページ
ISBN-13 978-4-532-16550-5
発売日 2005年12月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。