日経ブック&ビデオクラブ



現在地 :
トップページ   >   TOKYO 1969 

TOKYO 1969

  • ショッピングカートに入れる
  • 請求書支払可能
  • 見積書発行可能
  • FAX注文可能
  • 税抜き10,000円以上送料無料

おすすめポイント

著名人絶賛

立川直樹はマセたやつだ。新宿育ちの僕より10年若いが、同じことをすでに新宿でやっていた。この本を読むと貧しいが若いエネルギーに溢れたもの創りの頃を思い出す。ムラムラ。
――篠山紀信

書物のなかに、私は物語を閉じ込めますが、立川さんは一つの時代を閉じ込めてしまった! この自由な書きっぷり、映画みたいに鮮烈な「街」のありよう、刺激的です。
――江國香織

『TOKYO 1969』〜あの時代の、あの兄貴達に逢いたい。〜
兄貴のいる友達が羨ましかった。時代は凄まじいスピードで転がり続け、少し遅れて憧れの地に辿り着いた僕には、伝説しか残っていなかった。
伝説などいらない。
僕は今でも、熱狂がすべての光に成り得たあの時代の、あの兄貴達に逢いたいのだ。
――森雪之丞

「ロマンチストにしてマキャベリ主義のおとこ。ミック(立川直樹)ならではの嗅覚がとらえたあの時代のTOKYOは、ファンタジーのように魅惑的だ」
――近田春夫

「ミックの不良性は持って生まれたモノだろう。不良とは、良ならざる生き方を全うすることで成されるが、かれは希有な不良であって、はなはだ自己に忠実である。従ってこの記録は彼の不良曼荼羅である」
――加藤和彦

商品の説明

1969年の東京。今とは全く違う風が吹いていた。銀座ACB、飯倉キャンティ、並木橋の天井桟敷、新宿の風月堂、アートシアター――。当時20歳だった著者が街の記憶をつなぎながら、60年代スピリッツを甦らせる。

目次

イントロダクション

I Changes
II 六本木
III Rock On
IV 渋谷
V Memories
VI 新宿
VIILost
VIII 青山
IX Value

TOKYO1969制作日記

あとがき

商品仕様

書籍 A5判 並製 376 ページ
ISBN-13 978-4-532-16701-1
発売日 2009年06月発売

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。