日経ブック&ビデオクラブ


現在地 :
トップページ > 著者一覧 > 山岡洋一 (やまおかよういち)

著者一覧

山岡洋一 (やまおかよういち)

翻訳家。1949年生まれ。
主な訳書にアラン・グリーンスパン『波乱の時代』、アダム・スミス『国富論』、ジェームス・C・アベグレン『新・日本の経営』『日本の経営<新訳版>』、ジョセフ・S・ナイ『ソフト・パワー』(以上、日本経済新聞出版社)、ジェームズ・C・コリンズ&ジェリー・I・ポラス『ビジョナリー・カンパニー』(日経BP社)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示
ビジネスで失敗する人の10の法則
  • 書籍

ビジネスで失敗する人の10の法則

会社がうまくいかない理由は経営者や社員の個人的資質にある。10 の法則が1つでも当てはまるなら、あなたの仕事は高確率で失敗だ。コカ・コーラ社長を務めた名経営者が60 年のビジネス経験から導いた法則を伝授する。
スマート・パワー
  • 書籍

スマート・パワー

21世紀の国家に必要な力とは何か。世界的な国際政治学者が、ハード・パワーとソフト・パワーを組み合わせた新概念「スマート・パワー」と、21世紀における日・米・欧・中・露および新興国の「力の源泉」を徹底解説。
ケインズ 説得論集
  • 書籍

ケインズ 説得論集

マクロ経済学の祖といわれるケインズは、実はタイムリーに現実経済を解説した時論家でもあった。デフレの本質を的確に捉えた彼の経済論はいまこそ読むべき価値がある。ケインズ経済時論集が一流の翻訳家により復活。
なにがケインズを復活させたのか?
  • 書籍

なにがケインズを復活させたのか?

深刻な不況からの脱出策を、ケインズならどう考えるか。経済危機と各国の積極的財政支出策によって再注目を浴びるケインズの生涯と思想、学派の興亡、そして経済理論の今日的意義を第一人者が分かりやすく解説する。
ビジネスで失敗する人の10の法則
  • 書籍

ビジネスで失敗する人の10の法則

会社が破綻する原因は戦略などではない。個人の資質である。本書の10の法則が一つでも当てはまるなら、あなたの仕事は高確率で失敗だ。ウェルチ、ゲイツ、バフェットが尊敬する名経営者が長年の経験から教える鉄則。
波乱の時代(特別版)
  • 書籍

波乱の時代(特別版)

グリーンスパン前FRB議長は、一年以上にわたる金融市場の波乱をどう見ているのか。サブプライム問題による信用収縮、食料・原油価格の高騰と世界的なインフレをふまえ、今後の経済を予測する全世界注目の一冊。
なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか
  • 書籍

なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか

世界経済大混乱の原因とは? 米国経済は日本のバブル崩壊後の道をたどるか? 金融自由化と市場原理主義はこれからどうなるか? 実体経済の10倍にも膨れあがった金融商品の巨額損失処理と、今後の経済政策を解く。
波乱の時代(下)
  • 書籍

波乱の時代(下)

「金融の神」は、世界の未来をどう予測しているのか? 下巻では、中国の未来、格差問題やエネルギー危機など今日重要なテーマについて「グリーンスパンの哲学」を語り、2030年の世界各国の姿を語る。
波乱の時代(上)
  • 書籍

波乱の時代(上)

18年間にわたって世界経済の司令塔として活躍したグリーンスパン前FRB議長。上巻では、「第二の大統領」と呼ばれた著者が、歴史的事件の陰で果たした役割と、そのとき何を考えていたかを初めて明かす!
国富論(下)
  • 書籍

国富論(下)

下巻は、重商主義を批判し、市場の見えざる手にまかせる自由放任主義を唱えた経済政策論の第4編と、国家の役割と財政を論じた第5編。根岸隆・東京大学名誉教授による「解説 『国富論』と現代経済」を収録。
国富論(上)
  • 書籍

国富論(上)

経済と社会のしくみをわかりやすい例、平易な言葉で解き明かした不朽の名著が画期的新訳で甦る。グローバリゼーションや労働の価値、政府の役割など、今日と共通する難題を取り上げた政治経済学の金字塔。
日本の経営
  • 書籍

日本の経営

1958年に刊行され、「終身雇用」「年功序列」「企業内労働組合」の3本柱など、日本的経営の特徴や利点を欧米に初めて紹介した歴史的重要作品を、新訳で復刻。日本的経営を考えるうえで必読の貴重な作品。
新・日本の経営
  • 書籍

新・日本の経営

日本的経営論の原点となった名著『日本の経営』の著者で、「終身雇用」という言葉の生みの親であるアベグレンが、半世紀におよぶ日本企業研究の集大成として書き下ろした話題作。日本企業の新たな強みと成長源を詳述。
ソフト・パワー
  • 書籍

ソフト・パワー

軍事力ではなく文化や政治思想などの魅力によって人々を動かすソフト・パワー。初めてその概念を提唱した著者がアメリカの一国主義を批判しつつ、その意味と必要性、外交政策で行使する方法を説く。
グリーンスパン
  • 書籍

グリーンスパン

世界のマーケットを一瞬にして動かす、謎に満ちた男、グリーンスパンFRB議長。ホワイトハウスとの軋轢と協調、FRB内部の葛藤劇など、知られざる実像と政策決定の裏側を、緻密な取材で描き出した迫真のドラマ。
地政学で世界を読む
  • 書籍

地政学で世界を読む

本書を読めば国際ニュースが一味違って見える。卓抜な地政戦略家として知られる著者が、ユーラシアを舞台に繰り広げられる大国小国のパワーゲームを鮮やかに描く。同時テロ後の激動を踏まえ、最新インタビューを収録。
巨象も踊る
  • 書籍

巨象も踊る

崩壊の瀬戸際にあったIBMにCEOとして乗り込み、見事に復活させたガースナー。こびりついた文化を変え、闘う組織を作った辣腕経営者が、自らのマネジメントを余すところなく開陳した経営書の新たな金字塔!
アメリカへの警告
  • 書籍

アメリカへの警告

突出した力を背景に悪の枢軸論を唱えるブッシュ政権。だがアメリカ単独主義は、情報革命、グローバル化のもとでは時代錯誤に等しい。テロ事件後の世界におけるアメリカの役割に警鐘を鳴らす話題の書。
市場対国家(下)
  • 書籍

市場対国家(下)

官僚による市場統制に失敗した日本、低迷する福祉国家から脱却したイギリス、混迷のロシア、市場原理の急速な導入に揺れる中国、インド、南米諸国……。市場と国家との関係がどのように変化してきたかを検証し、21世紀の経済社会のあり方を問う話題作。
市場対国家(上)
  • 書籍

市場対国家(上)

経済・社会の主導権を握るのは、市場なのか、それとも国家か――。大恐慌とケインズ経済学の登場以来、全世界で繰り広げられてきた政府と市場との格闘のドラマを、政治家や経済学者、官僚らの貴重な証言をもとに、ピュリッツァー賞作家が壮大なスケールで描破!

日経ブック&ビデオクラブは、日本経済新聞出版社が運営する法人さま用書籍・DVD販売サイトです。就職活動や社員研修などさまざまなシーンにおいて役立つコンテンツをご紹介しています。書籍やDVDの活用事例のご紹介や、社員研修に関するイベントの動画配信など、情報提供を行い、法人さまの人材育成活動をバックアップいたします。